イップス(yips)の外し方/RCMethod

クライアントさんたちのイップスを外せた経験から、原因とイップスを外すためにどうすれば良いか、書いていきます。即効性を求めるなら、カウンセリングをお申込みください。

イップスのトリガー 4、評判/評価

前回から少し時間が空いてしまいました。

イップスの分野はまだ事業としては卵で、このブログや音楽家の方との関わりを通して温めている最中です。

FBや元々やっていたブログ、私との繋がりから読んでくださっている方はご存知のところですが、私は現在、いくつもの分野で仕事をしています。

心理についてのセミナーや講演、後進を育てる養成講座は、カウンセラーを養成する講座とさらにその先の企業様相手に仕事ができるための技術を学ぶリコンストラクター養成講座を開催しています。資料から全部自分で作るので、一度できてしまえば、マイナーチェンジで済みますが、いつも新しいものを作っている気がします。個人様へのカウンセリング、企業様への組織マネジメントカウンセリングも行っております。

パーソナルトレーナーとしては、骨格ボディメイクという、関節保持筋にアプローチをして機能美を提供する内容と、音楽家向けの音色改善に特化したプログラムを構築しながら提供することをしています。元にしている機能解剖学の知識は同じですが、音楽家としての特殊な使い方を理解した上で提供できるのが強みです。思ったより、腱鞘炎や膝痛や腰痛など痛みを訴える方もいらして、結果痛み改善もやっている感じになっております。(一応病院に行って、身体を動かして良いか許可は取ってね)

そんなわけで、イップスについても徐々に広げたいのですが、小さなすき間にねじ込んで徐々に広げている状態ですのでそこんとこよろしく。

 

さて、今日のテーマはイップスのトリガー4、評判/評価です。

 

評判/評価に縛られてしまう

 

楽家の世界ですと、師事する先生がいらして、その先生の元にレッスンに通いますよね。スポーツだと、監督やコーチといった立場の人に当たるでしょうか。その先生に

「お前は◯◯◯だな」

と言われた言葉に縛られてしまうということが起きます。

例えば

お前の音は汚いな

お前の演奏は表情に乏しいな

お前は反応が遅い

お前はこういうときにいつもミスをする

などなど

それはもうたくさんありますが、これらの言葉を

「私って◯◯◯なんだ」

と受け取ってしまい、あたかももう変えることができないかのように無意識に入り込んでしまうことが実はよくあります。私はこういうときにいつもミスをする、なんて入ってしまうと、必ずミスをするようになります。お前は反応が遅いと入ってしまうと、いつも焦って早すぎたりして注意されますが、なぜかいつも早く入ってしまうというようなことが起きます。

 

レッテルに縛られる

 

評論家に言われた(書かれた)ことに縛られてしまうこともよく起きます。

「オレはそんなんじゃない!証明してやる!」

なんて考えているなら、すでに縛られている証拠です。画家とか小説家さんでもよく見かけますね。

そのまま受け取ってしまっても、反発しても、その評価から自分の行動を決めているという意味で影響を受けていることに変わりはありません。

これは、インターネットや雑誌など広く読まれる場での発信により、その影響が多くの人に及ぶという事実も、メンタルへの影響をややこしくします。みんなからそう思われる、というプレッシャー。この場合、良いことを書かれてもプレッシャーとして作用することもあります。

 

全ては本人次第

 

もちろん、歩いていて石を投げられたり、見ず知らずの人から攻撃されるようなことがあれば本人次第なんて言っていられませんが、元の言葉を心に留めておくかどうかは本人が決めることです。自分の五感で判断する自信がなかったり、その力がないと、周りの評価から自分の実力を探ろうとしてしまいます。こういう状態は、影響を受けやすいことを覚えておいてください。まだ自分を確立できていない学生さんだったりすると、影響を受けやすいです。でも、先生やコーチは現地点での事実を言っただけの場合も多いのです。現地点で下手である、ということを受け止めて、よく練習してその状態を脱したとき、過去の評価を捨て去って良いのです。人は成長します。変化していくのです。だから、過去に貼られたレッテルは、そのときだけのもの。今は違う。それを忘れないでくださいね。

過去の栄光にしがみつく人も、批判の影響を受けてしまう人と心の状態は同じです。衰えも、あるのです。

自分をよく見張り、評価することと努力することを怠らないことが、レッテルに影響を受けない対策になります。

 

過去の評価に影響を受けているなら

 

無意識(潜在意識)に影響を受けているのなら、専門家に頼ってください。

自分で外すのは難しいです。ウチの認定カウンセラーでも、自分で何かを見つけたときには、自分で扱えるものか私に頼らなければ外せないかよく見極めて、カウンセリングを申し込んできます。学んできていない人は自分でやらないでくださいね。生兵法は大怪我の基。自分の腹にメスを入れるようなものですので。

 

ご予約はこちらから。↓

https://rcmethod.jp/reserve/